Beauty On The Go

Cloud Nine

May 15, 2017



Forgive its scientific name but hyaluronic acid is something that we’re seeing a lot of in 2017. The vast majority of us would like our skin to be softer, smoother, less lines or signs of premature or occurring aging, and to be completely honest, the list goes on. However, it’s time to look within our own skin. Hyaluronic acid isn’t an actual acid- it’s sugar and is a component of our skin. It encompasses the skin’s connective tissues and has an enormous level of moisturizing properties, which carries up to 1,000 times its weight in water molecules (basically acting as a huge sponge). Not only does it draw moisture in, but also prevents it from leaving. Since it’s something that naturally occurs in our skin any skin type can benefit from using it. It doesn’t react with acne medications, sunscreens or other anti-aging treatments making it pretty pliable to our daily skincare routine. It delivers antioxidants and combats against free-radical damage and also reduces inflammation (I know, I know, a word we hear a lot these days). It’s kind of insane that this already existing component of our skin is now being seen front and center. One of the main reasons why we weren’t seeing this available in home skincare products was due to the fact that the hyaluronic acid in creams and serums were way too big to sink into the skin. Since then, chemists have figured out a way to make smaller molecules that can penetrate between skin cells to draw moisture in at a richer level to hydrate more accordingly.

A brand that has figured this out is Peter Thomas Roth. Water Drench Hyaluronic Acid Cloud Cream contains three different sizes of hyaluronic acid. Like I mentioned above, the smaller the particles the better. This “acid” is produced in the uppermost layer of the skin, so when it’s topically applied it has similar effects to when it’s naturally produced (and also why you see almost immediate effects). This is completely different from collagen, which is produced and mainly found in deeper layers of the skin. When topically applied, it has very low effects besides temporary hydration and a little bit of skin plumping. A little goes a long way with this cream. Water Drench contains 30% concentrated hyaluronic acid and hydrates for up to 72 hours with one application. I know a lot of skincare companies make bold claims but I’ve found this to be absolutely true- unless your skin is drier than the Sahara Desert. In recent studies hyaluronic acid forms have been shown to create a significant decrease in the depth of wrinkles (up to 40%), skin hydration (up to 96%) and skin elasticity/firmness was enhanced (up to 55%) in only 8 weeks. Talk about great numbers without undergoing a procedure.





それが科学的名称だということはさておき、2017年はヒアルロン酸をよく見かけます。多くの人々は、肌の柔軟性、滑らかさ、しわや加齢のサインが少ないことを好み、正直なところそのリストは尽きません。しかし、私たち自身の肌の中身を認識する時です。ヒアルロン酸は、実際に酸ではありません – それは糖分であり、私たちの肌の成分です。それは皮膚の結合組織を包囲し、水分分子(基本的に巨大なスポンジの役割を果たす)でその重量の1,000倍まで膨大なレベルの保湿性を持っています。そして水分を吸い込むだけでなく、排出されないように防ぎます。これは、自然に私たちの肌に発生する現象で、どの肌タイプの人もヒアルロン酸を使用することで効果があります。にきび薬、日焼け止め、または他のアンチエイジング治療に反応せず、日常のスキンケアとして取り入れ易いです。フリーラジカルのダメージに反して抗酸化物質を送りだし、炎症を軽減します。既に我々の肌成分であったものが、今注目を浴びているのは少しおかしな事です。私たちがこのヒアルロン酸を家庭用スキンケア製品として使用していなかった主な理由の1つは、クリームやセラムに含まれるヒアルロン酸が皮膚に沈むには大きすぎたからです。それ以来、化学者は、より多くの水分が皮膚細胞の間に浸透することができるよう、より小さな分子を作る方法を考え出してきました。

これを良く理解したブランドはPeter Thomas Rothです。ウォータードレンヒアルロン酸クラウドクリームには、3種類のヒアルロン酸が含まれています。上記でお伝えしたように、粒子が小さい程良いのです。この「酸」は皮膚の最上層で生成されるため、局所的に使用すると、自然に生成されるときと同様の効果をもたらし、即効性が分かります。これは、主に皮膚のより深い層で産生されるコラーゲンとはまったく異なります。コラーゲンを局所適用すると、一時的な水分補給とふっくらさせますが、その効果は非常に低いです。したがって、このコラーゲンクリームでの効果は、少し長い道のりとなります。ご紹介するウォータードレンチは、30%のヒアルロン酸を含んでいて、一度の適用で72時間持続します。私は、たくさんのスキンケア企業が大胆な主張をしていることを知っていますが、絶対的な真実であることが分かりました。-あなたの肌がサハラ砂漠より乾いていない限り。手順を省き大きな数字で話しますが、最近の研究では、ヒアルロン酸の形態は、しわ(最大40%)を軽減し、皮膚の水分量(最大96%)および皮膚の弾力/堅さを、わずか8週で増強しました(55%まで)。