The Unicorn Trend

May 15, 2017

Social media has yet again taken over. Type in the word “unicorn” and an array of drinks, cakes, toasts/bagels, and even makeup and hair tutorials come up. For the past year or so this trend has been coming in hot. What is “unicorn food” exactly? It’s any food/drink item that’s been jazzed up with dye (sometimes healthy, sometimes horribly unhealthy) or charming accessories (such as fruit or sprinkles) cut into little shapes or heaps of pastel marshmallows for starters. One of the first originators of this trend is Adeline Waugh, a health and wellness blogger and food stylist (@vibrantandpure). Her photos are drop dead gorgeous and unlike a lot of imitators she started experimenting with natural food dye such as beetroot to add pops of color to her photos. Little did she know she would shortly start an epidemic. Waugh’s creations were designed with both nutrition and aesthetic value in mind. Her dye’s are made from cream cheese and crushed up natural ingredients like chlorophyll, for green, smashed freeze-dried blueberries for purple, and of course beetroot for pinks and reds. Since then, food enthusiasts have gone absolutely insane- mainly because it’s aesthetically pleasing to look at in photographs. However, companies have taken this trend and ran wild with it. Unfortunately, most of them don’t have the same intentions as Waugh and use all sorts of processed dyes to make their cakes, cookies, drinks, and even bagels (I kid you not, type in “unicorn bagel” and you’ll see what I’m talking about). Many of these products have been created as a marketing tactic and for fellow foodies to come and photograph thus getting more attention and recognition on social media.

You know it’s a trend when Starbucks has jumped on the bandwagon. Newly released, Starbucks came out with a Unicorn Frappuccino. It consists of white mocha, an array of syrups including mango, and blue citric acid powder amongst many other crazy ingredients. Sounds appetizing right? What’s even crazier is the sugar content- a whopping 59g of sugar in a Grande. Unlike Starbucks, The End in Brooklyn New York was one of the first places to get recognition for its unicorn lattes. And instead of being filled with processed chemicals The End (much like Waugh) focused on using natural holistic ingredients (such as raw cashews, cold-pressed ginger and lemon juice, spirulina and maca root) to make their lattes unique, healing and appealing. Owners over at The End wanted to bring a healthy whimsical play on their lattes and they did just that. They specialize in healing drinks to help with daily stressors, which include adaptogens and other plant based foods. Why has this trend caught on tenfold? A lot of people speculate that because there’s so much going on in the world (politically) it’s been nice to look at something so uncomplicated and happy, such as colored food, and to be honest, for blogging/Instagram purposes as well. In time, much like most trends this one will fade but for now, it’s unicorn everything.

ソーシャルメディアはもう一度引き継がれています。「ユニコーン」という言葉を入力すると、ドリンク、ケーキ、トースト/ベーグル、さらにはヘアメイクの指導書等が表示されます。一年ほど前から、この傾向は注目を浴びてきています。 「ユニコーン食品」とは何ですか?それは染料(時には健康的な、時にはひどく不健全な)または魅力的なアクセサリー(果物やスプリンクルのような)の形や、パステルマシュマロを飾りつけされた食べ物/飲み物です。このトレンドの最初の創始者の1人は、健康とウェルネスのブロガー、そしてフードスタイリスト)のAdeline Waugh(@vibrantandpure)です。彼女の写真はゴージャスそのもので、多くの模倣者と違って、ビーツなどの自然食品の染料を使って画像にポップさを表現しています。彼女は、自分の作品がそんなに流行ると思っていませんでした。Waughの創作は、栄養と美的価値の両方を念頭に置いてデザインされています。彼女の染料はクリームチーズでできており、緑色はクロロフィル(葉緑素)、紫色のフリーズドライしたブルーベリー、ピンクと赤はビーツのような天然成分を砕いています。それ以来、食べ物愛好家は、写真を見るのが審美的に楽しいという理由で、完全に虜になってしまいました。企業がこのトレンドをキャッチし、それに挑戦しましたが、残念ながらそれらのほとんどはWaughと同じ目的を持っておらず、ケーキ、クッキー、飲み物、そしてベーグルを作るためにあらゆる種類の加工された染料を使用しています(私はからかっていません、 “ユニコーンベーグル” を検索すれば、私が何を話しているか分かるでしょう)。これらの製品の多くは、マーケティング戦術として作成されており、それに続く仲間の食べ物の写真を撮ってソーシャルメディアで注目されています。

スターバックスが流行に乗ってきたのは、それがトレンドだということが分かります。新しくユニコーンフラペチーノを出してきました。それは、白モカ、マンゴーを含むシロップ、青色クエン酸粉末等、多くの体に悪い成分から作られています。食欲をそそられそうですか?よりクレイジーなのは、グランデの砂糖含有量は59グラムです。スターバックスとは異なり、ブルックリンニューヨークにあるThe Endは、ユニコーンラテを最初に始めました。加工された化学物質で満たされたものを使うかわりに、The End(Waughと同じように)は、総括的に自然な栄養素(生カシュー、コールドプレスジンジャーやレモンジュース、スピルリナやマカのような)を使い、ユニークで癒し系な、魅力のあるラテを作っています。The Endのオーナーは、ヘルシーで面白いラテを作りたいと思っていて、それを実現しました。彼らは、アダプトゲンやその他の植物由来食品を含むストレス治癒のための、日常的な飲み物を専門としています。なぜこのトレンドが10倍にも膨れ上がったのでしょうか?多くの人々は、世界で(政治的に)非常に多くのことが起こっているので、単純で幸せな色とりどりの食べ物を見て、もちろん、ブログ/ Instagramの目的もあるかと思います。このようなトレンドは、時間とともに消えていくでしょうが、今は何でもユニコーンと言えるでしょう。