Digital Fitness

Nov 15, 2017

It’s 2017 and digital everything is continuing to boom, including fitness. However, fitness wasn’t a category that particularly existed in the 60’s, and jogging didn’t really become a thing until the 70’s. In that sense, fitness culture is still fairly young. Most of us live in cities that have the hottest new bootcamp, pilates, and spin classes. However, there are still a lot of people who live in towns that don’t necessarily provide that. This is where digital fitness comes in to play.
Boutique fitness isn’t accessible to everyone geographically or financially. Companies are now looking at digital and streaming services to open up to a larger market. Think about it, if your spin studio only has 40-50 bikes and sells out in 20 seconds (think SoulCycle) imagine what would happen if it became possible for 500 of even 1,000 people to book it? This is something that Peloton’s at-home streaming consists of. Additionally, we’re now seeing an increase of gyms like Crunch Fitness offer group fitness classes online.
Though it’s almost impossible to recreate the energy of a class in your living room, there’s space for both to co-exist. Boutique fitness and digital fitness is continuing to grow but they can both complement each other. Some days we don’t have that much spare time, so doing something at home might be more feasible. With this, customization has been a key. Peloton and AKT offer shorter workouts online so users can piece them together to produce a workout that’s perfectly meant for them- in terms of time, intensity and what they want to focus on. Digital fitness is still a fairly new trend therefore it’s unclear as to how it’ll grow but one thing is certain, it’s continuing to blossom and it’ll be interesting to see what other powerhouse brands get behind this to create alternative classes for their already existing clientele.

時は2017年となり、デジタル化がフィットネス界も含め活況し続けています。 アメリカ文化に於いて、我々はかなり健康に執着しています。しかし、フィットネスというカテゴリーは60年代には存在しておらず、ジョギングは70年代までフィットネスとして取り上げられていませんでした。 そういった意味では、フィットネス文化はまだかなり若いです。 我々のほとんどは、最先端なブートキャンプ、ピラティス、スピンクラスを体験できる都市に住んでいますが、その情報がない地域に住む人々もいます。 これは、デジタルフィットネスが活かされる場所になるわけです。
ブティックフィットネスは、地理的、財政的に誰もがアクセスできるものではありません。そこで、それらの企業は現在、より大きな市場を開拓するために、デジタル、及び、ストリーミングサービスに目を向けています。スピンスタジオに40〜50台の自転車しかなく、予約が20秒で売り切れるなら(SoulCycleですね)、1,000人のうち500人にそれが可能となったらどうなるか想像してみてください。これはペロートンという家庭でのストリーミング方法で構成されています。さらに、Crunch Fitnessのような、オンラインでできるジムの増加を目の当たりにしています。
ブティックフィットネスで受けるクラスのエネルギーを、全く同じようにリビングで再現することは不可能ですが、どちらも上手く利用していく方法はあります。 ブティックのフィットネスとデジタルフィットネスは共に発展し続けていて、お互いの良いところを補うことができます。 時間に余裕のない時は、自宅でエクササイズするのは現実的かもしれません。したがって、そのカスタマイズが重要です。 PelotonとAKTは、オンラインで短時間のトレーニングを提供しているため、ユーザーはそれに従ってトレーニングし、時間、強さ、そして焦点を当てたいものに、意味のあるトレーニングを作り出すことができます。 デジタルフィットネスはまだ新しいトレンドなので、どのように成長するのかは不明ですが、確かなことに、このシステムは開花し続けていて、他の開発元となるブランドが既存の顧客にどのような変化を作り出していくのか、とても興味があります。