Jun 30, 2017

High intensity workouts aren’t going anywhere but an obsession with them has led to over-training and injuries, piloting a new mindful mentality of slowing down and really honing in and listening to our bodies needs. In 2017 we’re really seeing a growing trend on focusing on good habits, recovery classes, and self-care to offset the physical toll they’ve put themselves through. Brands like Rove, a travel-friendly foam roller is a recovery product that’s coming to the market. Whoop, a fitness tracker that measures your sleep and recovery (alongside the correlation to physiology and performance), Headspace, an app that has themed sessions on everything from stress to sleep, not to mention we now have “Mindfulness” and “Sleep” categories in the Health Data section on our iPhone’s that suggest apps to use to help calm the mind. Even sleep is set to be a fitness trend within the umbrella of mindfulness. With the rise off all these boutique studios, lunchtime classes and 24-hour gyms, our fitness schedules are wearing the vast majority of us out. Most of us feel fatigued or drained but unsure of what to do or if it’s a normal feeling. With all that being said, there’s already been a huge surge in meditation, mindfulness, and nighttime yoga classes that focus on strengthening the core and quieting the mind in a candlelit room. The purpose is to aid in sleep, relax and help unwind before heading to bed. With the intensification of technology it’s almost impossible to escape and unplug from our days and the stressors we face. I mean, how can you with our emails, texts, and news sources constantly buzzing and updating us? As more people take the time to recover and pull back from our busy schedules and make time for some wholehearted self-care (baths and home skincare included), hopefully the trend will become a habit that’s ingrained into daily routines.

強度の強いトレーニングは今後も存在しますが、執拗なトレーニングは怪我につながり、集中力と精神力を鈍らせるので、体が必要とすることを理解する必要があります。2017年に入って、良い習慣作り、リカバリー、セルフケアに焦点を当てたクラスが流行っています。Roveというブランドは、旅行にも持って行ける、リカバリー用器具を開発しています。 Whoopは、睡眠と回復を測定するフィットネストラッカー(生理学とパフォーマンスとの相関関係に加えて)、Headspaceというアプリは、ストレスから睡眠まで、すべてのセッションをテーマにしており、言うまでもなく「マインドフルネス(集中して物事を行うこと)」と「睡眠」のカテゴリーがiPhoneのHealth Dataセクションにあり、心を落ち着かせるのに役立つアプリを提案しています。睡眠も、マインドフルネスのカテゴリーで、フィットネストレンドになるよう設定されています。ブティックスタジオ、ランチタイム・クラス、といった24時間のジムの盛り上がりで、そのフィットネス・スケジュールは、我々をとても満足させてくれています。ほとんどの人は疲労感を感じていますが、それに対して何をすべきか、もしくは、何か異常があるのか、よくわからないでしょう。夜のヨガクラスでは、瞑想、マインドフルネスで心を強くし、キャンドルの部屋で心を静めることに集中します。目的は、睡眠を助け、リラックスしてくつろげるようにする為です。テクノロジーの発展により、私たちが直面している時代やストレスから逃げ出すことはほとんど不可能です。電子メール、テキストメッセージやニュースが飛び交い、どのようにこの賑やかな毎日を送っていますか?より多くの人々が良い回復方法を見つけ、私たちの忙しいスケジュールから抜け出し、心のこもったセルフケア(入浴と家庭用スキンケアを含む)の時間をとること、そんな傾向が毎日の生活の一部になることを願っています。