Broccoli Sprouts Might Be The New Green Juice

Jul 14, 2017

A lot of us are familiar with alfalfa sprouts but now in many supermarkets we’re seeing broccoli sprouts. Inside of these tiny sprouts encompasses high levels of enzymes and nutrients, all of which provides the body valuable energy to detox and strengthen the immune system. Hippocrates Health Institute also notes that these tiny sprouts include increased vitality, energy and vigor from the large amounts of enzymes (10 to 100 times more enzymes than fruits and vegetables) when eaten within the first seven days of being sprouted. They have powerful antioxidants, which help fight against free radicals and aging. The minerals and nutrients are easily absorbed into the body. What else makes broccoli sprouts special? Sulforaphane. Sulforaphane is a powerful anti-carcinogenic compound that helps fight/reduce the risk of developing cancer and broccoli sprouts contain the highest concentration of sulforaphane. Don’t get me wrong, eating actual broccoli is great too, but you’re actually getting 20-50 times more of the cancer protection by eating broccoli sprouts (Professor of Pharmacology at John Hopkins University, Dr. Paul Talalay found that 3-day old broccoli sprouts consistently contained 20-50 times the amount of chemo-protective compounds than those found in mature broccoli heads). And this is all due to sulforaphane. Also, to top it all off these little greens offer pollution protection as well. Broccoli and broccoli sprouts both contain a compound called glucoraphanin that can help aid against air-pollution hazards (hello city goes of New York City, Los Angeles, and Tokyo). However glucorphanin gets lost in broccoli when steamed or boiled. This compound works to elevate enzyme levels in the liver and other tissues that increase the detoxification rate for environmental pollutants that we inhale or ingest. Talk about some sustainability right there! Broccoli sprouts are easy to incorporate into a variety of dishes, juices/smoothies and even taste great on avocado toast! So next time you pass by these little guys, you might want to give them a try.

アルファルファ芽(もやし)は良く知られていますが、今では多くのスーパーマーケットでブロッコリーの芽を見かけます。これらの小さな芽の内部には、高レベルの酵素や栄養素が含まれています。これらはすべて、体を解毒して免疫システムを強化する貴重なエネルギーを提供します。ヒッポクラテス健康研究所は、発芽から7日以内に食べると、これらの小さな発芽から、増大した活力、エネルギー、そして大量の酵素酵素(果物や野菜より10倍〜100倍多い酵素)を含むと記録しています。彼らには強力な抗酸化物質があり、フリーラジカルや老化防止に役立ちます。ミネラルや栄養素は体内に簡単に吸収されます。その他、なぜブロッコリーの芽は特別なのでしょうか?スルフォラファンです。スルフォラファンは強力な抗発癌性化合物であり、がん発症のリスクを軽減するのに役立ち、ブロッコリー芽には最高濃度のスルフォラファンが含まれています。普通のブロッコリーを食べることも素晴らしいですが、ブロッコリーの芽を食べることで、さらに20〜50倍の癌予防が期待できます。(John Hopkins大学の薬理学教授、Paul Talalay博士は、発芽3日のブロッコリーの芽は、成熟ブロッコリーよりも化学保護化合物量が20〜50倍を含有していることを発見しました)。そしてこれは、すべてスルフォラファンによるものです。また、これらの小さな緑からは大気汚染を防ぐ物質があることもわかりました。ブロッコリーとブロッコリーの芽は、どちらもグルコラファファインと呼ばれる化合物を含み、ニューヨーク、ロサンゼルス、東京といった大都市の大気汚染を防ぐ働きを持っています。グルコファーニンは、火を通すことでその成分は失われてしまうことに気を付ければ、我々が摂取する環境汚染物質の解毒速度を高める、肝臓、及び他の組織の酵素レベルを上昇させる働きをします。ここでは、サステイナビリティ(持続可能性)について話しましょう!ブロッコリーの芽は、様々な料理、ジュース、スムージー、さらにはアボガドトースト等、簡単に取り入れることができます!今度ブロッコリーの芽に出会ったら、試してみたいと思うでしょう!