Fashion

The Art of Hygge

Dec 15, 2017




With the amount of burnout we’ve been experiencing across the world, self-care has taken a huge priority throughout millennials today. Whether that’s personal grooming, taking a bath, making a cup of tea, or just lazily lounging around the house there’s an actual movement in this. Hygge (pronounced hoo-ga) is the Danish term that describes this snuggly sensation. It’s been called everything from, ‘the art of creating intimacy’, ‘the coziness of the soul’, and ‘the absence of annoyance,’ to ‘taking pleasure from the presence of soothing things,’ ‘cozy togetherness,’ and ‘cocoa by candlelight,’ Meik Wiking explains, author of The Little Book of Hygge, and CEO of the Happiness Research Institute in Copenhagen.
Most of us have been participating in this trend for a while if you actually think about it. Ever cancel your dinner plans to just stay in bed and watch a movie? What about lighting candles and reading a book somewhere cozy? Have you ever just lounged around in super soft clothing? Or spent extra time to make a wellness beverage? This is all hygge related, or what I like to call, a celebration of downtime. We live in such a digital era where everyone is online and consequently there are less deep personal connections in real life. There’s an apparent loss of slowing down and reconnecting with the simple things and that’s why this movement has received so much attention. Want to curate some hygge in your home and personal life? Diffuse some essential oils, take a long bath with soft lighting, up your loungewear game (think soft oversized sweaters or a plush robe), use extra throw blankets and cushions on your sofa, add some plants to your space (succulents are very low maintenance and add warmth to your home), or take some things off your schedule, slow down, put your phone away and relax.





全世界共通で経験する疲労の量で、セルフケアが、何千年もの年月を経て大きな優先部分となってきました。 個々の取り入れ方として、お風呂に入ったり、紅茶を飲んだり、自宅でゆっくりすることも、そういった動きが実際あります。 Hygge(hoo-gaと発音)は、これにぴったりの感覚を記述するデンマーク語です。 それは、「親密さを創造する芸術」「魂の寛大さ」「悩みのないこと」から「穏やかなものの存在から喜びを味わう」「居心地の良い一体感」そして 「キャンドルライトのそばで飲むココア」、The Little Book of Hygge の著者で、コペンハーゲンのHappiness Research Institute CEOであるMeik Wikingは、こう説明しています。
多くの人がこのトレンドの波に乗っています。ディナーの計画をキャンセルして、ただベッドで映画を観たなんてことはありませんか?キャンドルを灯し、心地良いところで本を読んだことは?肌触りの良い服でゆっくりしたことは?もしくは、体に良いドリンクを作って過ごしたりしましたか?これは全てHyggeに関係していて、私自身、ダウンタイムのお祝いと呼ぶのが好きです。我々は、デジタル時代に生き、どこでもオンラインでアクセスできる反面、結果的に他者とのつながりを極端に減らします。それはゆっくりでも明らかな損失であり、シンプルなものに再接続するというこの動きが注目を集めています。自宅やパーソナルライフにHyggeを取り入れたいなら、エッセンシャルオイルをディフューズして、やさしいライトでゆっくりお風呂に入り、柔らかい大き目サイズのセーターやローブを羽織って、ソファで余分にブランケットやクッションを使って、植物を置いてみてください。(多肉植物は、手入れが少なくて済み、家をあたたかい雰囲気にしてくれます)もしくは、スケジュールをキャンセルして、携帯からも離れ、ゆっくりとリラックスしてください。